目のこりをほぐす ストレッチ

目のコリをほぐすストレッチ|パソコンやスマホの合間にすると効果的

 

パソコンやスマートフォンをしているときは、目から
30センチ程度しか離れていない画面を同じ姿勢で
長時間見続けることになります。このとき、目の焦点、
目の位置を合わせている筋肉に力が入り続けます。

 

 

目の周りの筋肉も腕や脚の筋肉と同じように力を入れ
続けると疲労が溜まります。さらに、筋肉周りの血管が
圧迫され、血行が悪くなり、疲労物質が排泄されず
疲労はどんどん溜まります。

 

 

目の周りの筋肉の疲労により、まぶたが痙攣してしまい
ます。つまり、まぶたの痙攣を止めるには、こまめに休憩
を取って目を休め、さらに、ストレッチで目の周りの筋肉
をほぐしてあげることが効果的です。

 

 

目の焦点を合わせる筋肉をほぐす

目から30センチ、3メートルくらい離れた位置にそれ
ぞれ目標物を決め、5〜10秒ごとに交互に見てください。
簡単なことですが、パソコンやスマホなど目に近いものを
見続けることで、固まってしまった目の焦点を合わせる
筋肉がほぐすには効果的です。

 

 

目の向きを合わせる筋肉をほぐす

まずは、目を上下に2〜3分間動かします。次に、目を
左右に動かします。このとき手を使うと上手く動かす
ことが出来ます。

 

 

両手の親指を立てて、腕を肩幅の広さに伸ばします。
顔を動かさずに、目だけ動かして両方の親指を交互に
見てください。両手の間隔を徐々に広げ、目を動かす
スピードも上げながら、2〜3分行ってください。

 

 

最後に、目を回します。両目をゆっくりと円を描くよう
に、1周5秒くらいかけて回してください。左回り、
右回りで1セットとして、2セット行ってください。

 

 

パソコンやスマホなど1つのものを長時間見ることが
増え、目を動かす機会が少ない、私たち現代人にとって
目を意図的に大きく動かすことは、かなり効果的なこと
です。

 

 

ストレッチを始めたころは、痛みを感じるもしれません。
しかし、その痛みは徐々に無くなります。痛みを感じる
と言うことは、それだけ目の周りの筋肉が固まっていた
という証拠でもあります。

 

 

疲労が溜まっている目の筋肉にはブルーベリーも効果的