目を温める まぶたの痙攣

目の痙攣を止めるには温める|冷やすと血行が悪くなり逆効果

一時的にまぶたが痙攣する原因は、目の疲れの
可能性が高いです。病気によるものであれば、
短時間では止まらず、数日続いてしまうからです。
つまり、一時的なまぶたの痙攣であれば、目の疲れ
を解消することで止まります。

 

 

目の疲れを取るためには、目の周りを温めるか、
冷やすのか迷っている人も多いのではないでしょうか?
目の疲れを取るためには、目の周りを温めてください。

 

 

温めると、筋肉がほぐれ、血管が広がり、血行が良く
なるので目に溜まった疲れが解消されます。逆に、
冷やしてしまうと、血管が収縮して、血行が悪くなり
疲れが溜まりやすくなります。

 

 

目を温めて目の周りの筋肉をほぐす

目を温めるにはお風呂に入るのが一番効果的です。
38度くらいのお湯に、ゆっくりつかって体の芯から
温めてください。目の周りだけでなく、全身の血行が
良くなり、目の疲れ、首こり、肩こりまで改善させる
ことができます。

 

 

湯船につからなくても、まぶたの上からシャワーを
数分間かけるだけでも効果があります。
手軽に目の周りを温めたいときには、蒸しタオルを
まぶたの上に乗せることもお勧めです。

 

 

蒸しタオルは、レンジを使えば簡単に作れます。水で
濡らしたタオルを硬く絞り、ビニール袋に入れて、電子
レンジで1分程度温めれば出来上がりです。温め直後
はかなり熱くなっているので、火傷しないように気を
つけてください。

 

 

目の血行を良くする他の方法はこちら