パソコン 目の疲れ

長時間パソコンでまぶたの痙攣が起こる|目の負担を軽減する方法

長時間のパソコン作業をしている人は、まぶたの痙攣が
起こる可能性が高いです。パソコンをしているときは、
目から30センチ程度しか離れていないディスプレイを
見続けることになります。

 

 

すると、目の焦点を合わせている筋肉、目の位置を合わ
せている筋肉にコリが発生します。このコリがまぶたに
伝わることで、痙攣が起こることがあります。

 

 

パソコンをしないことが一番なのですが、そうはいかない
人がほとんどだと思います。なので、パソコンによる目の
負担を減らすことを考えてください。

 

 

今すぐ出来る!パソコンによる目の負担を減らす方法

ディスプレイの明るさは控えめに

ディスプレイは明るすぎても、暗すぎても、目に負担を
かけてしまいます。ディスプレイの明るさが周りの明るさ
と同じときが、一番負担が少なくなります。画面を白く
して、真っ白な紙を横に並べて明るさを調節してください。

 

(ワードやノートパッドを立ち上げると、画面を白くする
ことが出来ます。)

 

 

ディスプレイの高さは目線より少し下に

画面を見上げている状態も、見下ろしている状態も目に
良くありません。肩こりの原因にもなってしまいます。
また、ディスプレイは目から40センチ程度離れた位置
に設置してください。

 

 

映り込みを防ぐ

窓からの光や照明などがディスプレイに映りこむと、見づ
らくなるので、カーテンやブラインドを使って映り込みを
防いでください。仕事場などで映り込みを防ぐことが
出来ない場合もあると思います。

 

 

そんなときには、映り込みを防ぐフィルムをディスプレイ
に貼り付けてみてください。様々な商品が売られている
ので、一度探してみてください。

 

 

ブルーベリーでも目の負担を減らすことが出来ます